【静岡】鈴木幸雄(年金機構)がストーカーした女性が気になる!前科がヤバい!

image

日本年金機構といえば、国民の個人情報を管理する機関ですが、今回飛び込んで来たニュースは、その個人情報が悪意ある元契約職員によって不正に入手したとして逮捕されました。

過去にも年金機構の不祥事がニュースでとりだたされていましたが、何故こうも国の重要な機関から不祥事が起きてしまうものでしょうか。。

今回捕まった犯人なんですが、静岡市葵区の鈴木幸雄容疑者(65)という事で、罪状がどうやらストーカー規制法違反という事のようです。

スポンサードリンク

不正アクセス禁止法は関係ないのかなと思い調べてみたのですが、

不正アクセス行為の禁止等に関する法律(ふせいアクセスこういのきんしとうにかんするほうりつ、平成11年8月13日法律128号)は、インターネット等のコンピュータネットワーク等での通信において、不正アクセス行為とその助長行為を規制する日本の法律。略称は不正アクセス禁止法など。

《「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」の通称》インターネットなどにおいて、他人のIDやパスワードを無断で使用し、利用権限のないコンピューターを不正に利用したり、データやプログラムを改竄(かいざん)するなどの不正アクセス行為を禁じる法律。平成12年(2000)2月施行

今回の逮捕には直接関係は無いようですね。
でも職権乱用して個人情報を盗む行為自体は何の罪にも問われないのが納得いかないところですよね。

悪意ある行為には変わり無いので、ストーカー禁止法だけじゃなく何かの処罰を設けてもらいたいところですよ。

しかし、日本年金機構の元契約職員とはいえ、こういった事はあってはならないですよね。

スポンサードリンク

逮捕された静岡市葵区の鈴木幸雄容疑者は知人女性の個人情報を不正に入手するまでして、ストーカー行為をするとは相当なしつこい性格だったんでしょうね。

実は鈴木幸雄容疑者は過去にも3度捕まっていた。

というのも過去にも3度前科がありまして、それら全てがストーカー規制法違反だった訳ですから、被害者の女性はたまったもんじゃありませんよね〜。

でもこういった類いの罪って実刑受けてもわずか数年といった期間だけでしょうから、だからタチが悪い、捕まってもまたすぐ出てこれるという甘い認識があるから、同じ事を繰り返すんじゃ無いかと思いますね。

以前ワイドショーで高齢者のストーカーが若い女性を付きまとう問題が多発している報道を目にしていたのですが、何か女性から仕事上で優しく接客され、その勘違いから自分に好意があると思ってストーカーになるパターンがあるようですが、鈴木幸雄容疑者はどんなストーカーだったのでしょうか?

知人女性の情報が気になる!

知人女性というから、何かのコミュニティでの知り合いなのかと思いますが、年齢等何も女性の情報が公開されていないので、謎が残りますが、少なくとも2年間はその知人女性にストーカーをしていたそうです。

知人女性は鈴木幸雄容疑者を恐れて転居したのか分かりませんが、転居先の住所をまさかこんな形で知られるとは思っても見なかったでしょうね。

どうやって発覚したのかは分かっていませんが、もし鈴木幸雄容疑者が転居先の住所に出向いていたらと思うと、恐ろしすぎですね。

今後このような事が無いようにしっかり対策を講じて欲しいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。