【日野市焼死殺人】カワニシフランコ容疑者の犯行動機はDV!?夫の河西広之さんの職業は!?

image

Yahoo!ニュースから衝撃的な事件が上がっていましたが、東京都日野市新町フィリピン人の妻が夫に火を付け焼死させ殺人容疑で逮捕されたそうです。

フィリピン人の妻の名前がカワニシ・フランコ容疑者(45)
その夫は名前からして日本人ですが、河西広之さん(45)

二人とも45歳の同い年という事ですが、一体何があってこんな恐ろしい殺人事件が起きたのでしょうか。
Yahoo!ニュースの情報によると

スポンサードリンク

逮捕容疑は7月3日午後7時ごろ、自宅2階の床にライターオイルをまいて着火。床で眠っていた夫の会社員河西広之さん(45)に燃え移らせ、全身やけどで殺害した疑い。

カワニシ・フランコ容疑者の供述によると

「夫から暴力を受け、怒りで正しい判断ができなかった。自分も死のうと思った」

との事で普段から夫である河西広之さんからDVを受けていたとみられるような供述をしているようです。

Yahoo!ニュースでは上記のような事件の概要程度しか確認出来なかったのですが、その他のメディアではより詳細な情報が確認出来ました。

まず、容疑者のフィリピン国籍の妻のフルネームですが、「カワニシ・フランシスカ・フランコ」という名前です。

このカワニシフランコ容疑者ですが、一体なぜ焼死という残忍な殺害方法で夫を殺害したのでしょうか?

相当な憎しみや恨みつらみが無ければこんな恐ろしい殺し方は出来ないのが普通ですが、常軌を逸してますよね。

どうやら今に始まった話ではなく、積もり積もった犯行と考えられます。

河西(かわにし)広之さんから罵声や暴力を受けていた

最初ニュースを受けた時カワニシフランコ容疑者が一方的に悪いのかと思っていたのですが、調べてみた所、

「自宅で夫から『死ねば』と言われ、蹴られた。これまで暴力をずっと我慢していたが、不安と怒りが抑えられなかった」

スポンサードリンク

フランシスカ容疑者は昨年11月から複数回、広之さんから暴力を受けているなどと警視庁日野署に相談。調べに対し「結婚して10年間、一生懸命やってきたけど、罵声を浴びせ続けられてきた。結局私が悪者」などと供述しているという。

とあるように、夫のDVに我慢に我慢を重ねてきた経緯があるものとみれます。

別れればいいじゃんと思うかもしれませんが、家族に娘がいる事によりもしかしたら別れたくても経済的理由により別れられなかったのかもしれません。

カワニシフランコ容疑者の職業についても、無職という事で、専業主婦だったと思われます。

どの程度日本語が話せるかにもよりますが、異国の地で職を見つけるのも大変でしょうから、色々ご苦労があったのでしょうね。

河西広之さんを殺害した事は絶対に許される行為では無いですが、相当思い詰めていたんだと思います。

犯行後の行動が

フランシスカ容疑者は近くのコンビニエンスストアのトイレで左手首を切っているのが見つかり、同課が回復を待って逮捕した。

これって自殺しようとしていたと捉える事も出来るかと思います。

フランコ容疑者の容態が気になる所ですが、犯行の動機を供述しているという事は回復していると考えてよいのでしょう。

まとめ

個人的に気になったのが、夫の仕事って何しているんだろうか?と気になりましたね。

妻のフランコ容疑者は無職という事なので、妻から収入は無いですから、娘と妻を食べさせていく為にはそれなりの職に就いているとは思われますが、、

ただDVやるような男にはろくな人間では無い気もしますが、表向きはいい職に就いている可能性もあるのかなといった勝手なイメージ。

フィリピン人全員ではないと信じたいですが、日本人のイメージはお金持ちという像を描いているのも実際あるとは思いますので、どこかのフィリピンパブかなにかで出会った二人だったとしたら・・なんて勝手な想像をしてしまうところですね。

フランコ容疑者の顔写真は今のところ公にはなっていないようですが、今後の展開に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。