姜春守(カンチュンス)さんを襲った犯人は誰!?韓国人同士の喧嘩か、暴力団絡みの可能性は!?

GW中での事故も多く報道されていますが、事故だけでなく何やら事件性の高いニュースが速報で入ってきました。

東京都豊島区池袋の路上で3日夜に韓国人の姜春守さん(53)が頭などが傷ついた状態で倒れていたそうで6日に死亡が確認されたニュースが報じられています。

スポンサードリンク

姜春守さんという名前ですが、読み方としては「カン・チュンス」さんという事が報道で上がっていました。

姜春守さんは何者かによって殺害されたのか?

警視庁目白署の情報によると、姜春守さんは何者かに暴行されたとみて傷害致死容疑で捜査をしているそうですが、姜春守さんの鼻と後頭部は骨折をしていたそう。

一体誰がそこまで暴行をして何のために姜春守さんを殺害したのか気になるところです。

スポンサードリンク

倒れていた現場はJR池袋駅から北西に約1キロ・メートルの住宅街という事ですが、知人との食事の後に一人で狙われたとすると、何か因縁の関係だったのか、、

韓国人同士の喧嘩の末の暴行だったのか、日本人相手なのか、まだ詳しい状況が報道されていないので、全く分からないところではありますが

何か暴力団がらみの事件なんじゃないかと勘ぐってしまいますがどうなのでしょうか?

53歳という事なのでそれこそ、家族がいてもおかしくない年齢ですが、息子さんや娘さんなんかはいたのでしょうか??

奥さんもいれば、残された遺族にとってはかけがえのない姜春守さんを奪われて本当に言葉にならない悲しみに包まれていると思います。

一刻も早く犯人が逮捕されることを祈るしかないですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。