地下鉄半蔵門線ベビーカー論争勃発!「なぜ畳まない?」父親の駆け込み乗車はなかった!?

CfSD9uhUMAAXnC1

地下鉄半蔵門線九段下駅でのベビーカーが電車の扉に挟まれ、非常停止ボタンを押すも、そのまま走行したニュースについて
ネット上では議論が巻き起こっている。

スポンサードリンク



 トラブルは4日午後3時頃に発生した。女性と子供が先に電車の6両目に乗車し、男性が後からベビーカーを押して乗ろうとしたところ、閉まったドアに左前の車輪の脚の部分が挟まった。発車直後に車内とホームで非常ボタンが押されたが、20歳代の女性車掌は対応せず、電車はベビーカーを挟んだまま走行。ベビーカーはホーム端の柵にぶつかり破損した。子供は乗っておらず、けが人はなかった。

スポンサードリンク

新たな新事実が浮上!?駆け込み乗車はなかった!?

東京メトロ半蔵門線の九段下駅で、列車が、ベビーカーをドアに挟んだまま発車したトラブルで、ベビーカーを押していた乗客に駆け込み乗車などはなかったことが防犯カメラの映像で分かりました。
東京メトロは車掌がホームの状況を十分確認しないままドアを閉めた可能性があるとみて調べています。

引用元:車掌のホーム確認不十分か – NHK 首都圏 NEWS WEB

スポンサードリンク



Twitter上の反応感想まとめ

今後の対策について

このトラブルを受け、同社の奥義光社長は5日、石井国交相を訪れ、事案の概要を報告したうえで、「大変申し訳ない。全乗務員に監視業務を徹底させる」などと陳謝した。また、ドアに挟まった異物を検知する現状のシステムについて、検知できる幅を狭めるなど精度を上げることを検討することを明らかにした。

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • 私は新聞ではなく、ニュース報道の事故の状況説明で見たのですが(番組名は忘れました)、先に奥さんと子どもと父親が乗車したが、父親はいったん降りて、ベビーカーを押して再度乗ろうとして挟まった、という説明でした。ベビーカーはかさばるし、ただでさえ乗降には時間がかかります。それなのに、いったん乗って、また降りて、ベビーカー押してまた乗って…なんてことをしていたら、よけい時間がかかり、扉が閉まってしまうのは当たり前だと思いました。私もベビーカーの方を電車内でときどき見ますが、みなさん乗降時には、ベビーカーに手をかけて待機しておいて、扉が開くのをカウントダウンで測ってササっと乗降するような、とても神経を使ってる方ばかりでしたので、このニュースを聞いたときに、ユーザー側の不注意も原因だと感じました。ただ、父親だけでなく、母親も、その家族全体の不注意だと思いますし、車掌の判断ミスがそれでチャラになるとは思いません。ただ、ただでさえ時間のかかるベビーカーを持ってるのに、二度も乗り降りするのは、絶対に問題だと思います。

  • 実情をご存知かと思いますが、子連れでベビーカーは畳めないんです。なぜなら、子供をベビーカーから降ろして手を引くと、荷物が持てないのでベビーカーはカートになるから。

    ホームドア、設置されないですねぇ。

    • 先日
      片手に荷物、片手に畳んだベビーカー
      赤ちゃんは抱っこ紐
      そして三歳未満くらいの子を連れた母親をみました
      駅でエレベーターも使わずその状態で階段降りてました
      昔はそれが当たり前だったけど
      最近ではそんなのみたことなかったので
      ちょっと感動すらしました。
      普段はベビーカー反対派なのに
      お持ちしましょうかと思わず声をかけてしまったほど

      荷物がもてないならリュック等背負うものにするなど
      いろいろ工夫すればやりようはいくらでもある。 (そもそも荷物大杉、ベビーカーでか杉)
      別にわざわざ苦労しろとは言わないし、ベビーカー使うなとも言わない
      ただ少なからず周りに迷惑をかけていることの自覚と
      言い訳して正当化するのはやめるべきだと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。