2020東京五輪新エンブレム候補の作者デザイナーの名前や経歴は?非公表の理由は第二の佐野パクリ対策?

CfgqsVUXIAUtUa7

ネット上では2020年東京五輪新エンブレム候補の作品のデザイナーの情報が気になっているようだが、現時点ではA案B案C案D案いずれの作品も作者の情報が非公表となっている。

これはやはり特定の人物のバッシング対策ととらえていいのだろうか・・
前回の教訓ではないが、佐野研二郎氏のパクリ疑惑が最後まで払拭されないままお蔵入りになったロゴのように、人物名を公表することによって、ネット捜査民たちが全精力を上げて、過去の作品を調べ上げ、国を動かすほどのパクリ疑惑の材料を集めてくる能力があるからだ。

委員会側もこういった配慮は少なくともあるだろう。

スポンサードリンク

今回も遊び感覚で騒がせるためにパクリ疑惑を浮上させるためにネット捜査民のひたむきなパクリ元ネタ探しに躍起になるのではないだろうか。

作者の情報が非公開な件についてはネット上でも早速話題に上がっている。

デザイナー作者が発表されました!
2020五輪 A案 組市松紋のデザイナーの名前は野老朝雄(ところあさお)さん

Twitter上の反応感想まとめ


スポンサードリンク



候補者デザイナーの名前は非公開!名乗り出ないよう口止めも・・

組織委によると、最終候補の作者には自らの作品であることを名乗り出ることがないよう“口止め”し、「デザインしたの私だ」などとインターネットなどに書き込んで混乱を招くことを防ぐ。一部作者を優遇する不正が発覚した前回審査を教訓に、今回は審査をするエンブレム委員会のメンバーにも、国籍や年齢などを含めて一切知らせていないという。

引用元:【五輪エンブレム見直し】エンブレム案は8日に公表 「候補者名乗り出ないで」と口止めも – 産経ニュース

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • H氏ってだぁれ? ゲンダイはわかってるんでしょ?
    A案ってあの人の作品っぽいよね。あっ!あの人もHさんだwwwwww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。